はじめての円山動物園「わくわくアジアゾーン」


円山動物園の「アジアゾーンブロガー記者」に応募して、内覧会に参加してみました。

オープン前の「わくわくアジアゾーン」に入ることができます。
前日は報道関係で、明日はボランティアさんたちが入るのでしょうか。

いよいよ12日に向けてラストスパートって感じかな。

このブログでは「Canon EOS 5D Mark III + Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM 」で撮影した写真を紹介します。

アジアゾーンで西門に一番近い「寒帯館」に入ると、おびひろ動物園から帰ってきたアムールトラのタツオが出迎えてくれました。
前日に帰ってきたばかりですが、住み慣れたかのように歩き回り、落ち着いているように見えます。
メスのアイは見れませんでした。落ち着いてないのかな?

アムールトラ
アムールトラ

ガラスに近い手前より、少し奥の方が写真は撮りやすいですね。
アジアソーンがオープンしたら、またたくさん写真を撮ろう。

アムールトラ
アムールトラ

アムールトラの隣はユキヒョウです。
熱帯動物館ではライオンが隣でしたが、ユキヒョウと距離が縮まりましたね。

リーベとリアンです。
角度によって映り込みが入るのですが、檻なしで撮れるのは良いですね。

ユキヒョウ
ユキヒョウ

リーベがこっちを見ていたので撮ってみる。

ユキヒョウ
ユキヒョウ

ここでどんな写真が撮れるのだろうか。

ユキヒョウ
ユキヒョウ

顔がこっち向いてないのが残念。
アクバルは外放飼場にいました。屋外もガラス越しなので近くに感じられます。
シジムは見れなかったな。

もうひとつの外放飼場は外から檻なんだろうか。

ユキヒョウ
ユキヒョウ

次は高山館です。

屋内のヒマラヤグマです。
ガラス越しで近くから見ることができ、屋外もガラス越しに見れます。

こっちみてる撮りたいタイミングがあったけど、人が居て映り込みも激しく取れなかった。
やはり望遠だとガラス近くはダメですね。

ヒマラヤグマ
ヒマラヤグマ

レッサーパンダたちです。

セイタが吊り橋でぶさいく顔を見せています。
このあとリンゴに釣られていた・・・。

ガラスもなく直に見れるので良いですね。
カンガルー館の萌え萌え体験を思い出します。

レッサーパンダ
レッサーパンダ

ココです。
高山館でも元気そうですね。

レッサーパンダ
レッサーパンダ

ギンかな。

レッサーパンダ
レッサーパンダ

元気に橋を渡ります。

レッサーパンダ
レッサーパンダ

キンかな。
どこでも枝はかじるのですね。

レッサーパンダ
レッサーパンダ

ギンです。
可愛いポーズでした。

レッサーパンダ
レッサーパンダ

次は熱帯雨林館です。

マレーグマが屋内で壁に登ったりと、楽しく見ることができます。
世界の熊館では檻が太くて写真を撮りにくかったのですが、熱帯雨林館はガラスの映り込みをクリアーすれば最高です。

マレーグマ
マレーグマ

新しく展示されたアジアアロワナです。
インドオオコウモリはまだ見れませんでした。

アジアアロワナ
アジアアロワナ

マレーバクが見れなかったのが残念です。
12日オープン後に見るのが楽しみになりました。

さて、ガラス面対策でレンズフードでも購入するか。
ケンコー・トキナー HOYA マルチレンズフード 汎用レンズフード